そもそも婚約指輪とは?

婚約指輪の歴史について

婚約の証として、男性から女性に渡すのが婚約指輪です。この婚約指輪の風習はなぜできたのでしょうか?
古代エジプトの象形文字では、結婚は永遠に途切れぬものを意味する円で描かれていました。この円が、指輪の円形にあてはめられ、指輪を贈る風習になったと言われています。
さらに、左手の薬指には心臓に繋がる太い血管が通っています。このことから、心を永遠に繋ぎとめるという意味を込めて左手の薬指に指輪をする風習ができました。これも、古代エジプトから伝わったと言われています。
私たちが、昔からある習慣で何となく続けている習慣に、実はこんなにも長い歴史があったのだと知ると驚きです。けれど、こうしてはるか昔から続けられている風習だと知って婚約指輪を用意すると、また新たな人生に対して気持ちが引き締まる思いですね。

婚約指輪を贈る意味とは

婚約指輪は、目に見えない結婚という約束を形に表すためのものです。結婚とは、自分の人生のこれからを左右する一大イベントです。それを口約束だけでは不安ということもあり、指輪を贈ります。
また、女性に対して、男性が「これからは君を守ります」という決意の象徴でもあります。受け取る女性側にも「これからあなたを支えます」という決意の象徴になります。
さらに、婚約指輪には家族の有事の際の財産になるという考え方もあります。結婚し、病めるときも健やかなるときもと誓い合うわけですが、万が一のことがありお金が必要になった時に、何もないでは困ってしまいます。そう言う時に婚約指輪があれば安心だという思いも婚約指輪には込められているのです。

将来を誓う人との記念に、婚約指輪を横浜で探す場合は横浜駅周辺の百貨店がお勧めです。ダイヤモンドの質が高く、一生の思い出になることは間違いありません。

© Copyright Diamond Engagement Rings. All Rights Reserved.