デザインと素材を選ぼう

婚約指輪のデザインはどんなものがあるのか

待ちに待ったプロポーズ!愛しい人と過ごす日々を思い描くと幸せな気持ちに包まれます。2人の愛の証である婚約指輪はずっと宝物になるものですし、大切に選びたいですね。男性の方からすれば、サプライズでプロポーズしてその場で渡したいという気持ちがあると思いますが、最近では2人で選ぶというパターンが多いようです。やはり女性からすれば、自分で好きなデザインを選びたいというのが本音のようですね。
婚約指輪のデザインはいくつかのタイプがあります。まずはそれを知ることが大事です。やはり定番のデザインは、大粒のダイヤを1つ配置した、ソリティアと呼ばれるタイプのものです。「婚約指輪」と聞いたときに誰もが思い浮かべるデザインですよね。他にも一粒ダイヤの左右に小粒のダイヤを配置したもの(メレ、パヴェといわれるデザイン)や、同じサイズ、カットのダイヤをぐるりと配置した、エタニティと呼ばれるデザインなどがあります。

素材の種類も定番から変わり種まで。

デザインが決まったら、素材も選びます。定番はやはりプラチナです。ダイヤとの相性も良いですし、丈夫で高級感もあります。他にもホワイトゴールドやイエローゴールドと呼ばれるゴールドの素材もあります。好きな色がピンクだったら、ピンクゴールドを選んでもいいですね。素材に木や、赤銅を選んで個性を出す人もいるみたいですよ。
普段から身に着けるのか、大切なイベントの時だけ身に着けるのか、それによっても選ぶデザインや素材も変わってきます。普段から身に着けるのであれば、派手すぎない、飽きのこないデザインがいいですよね。大粒ダイヤのタイプだと、服に引っかかったりすることもありますので注意したいところ。最終的にはやはり自分の好みということになりますが、色々なタイプのデザインや素材があることを知っていて損はありません。後悔しないようにしっかりリサーチしておきたいですね。

婚約指輪を銀座で購入するなら、百貨店よりも路面店がおすすめ。品揃えはもちろんのこと、ちょっとしたお菓子や、美容関係のサンプルがもらえることだってあるんです。

© Copyright Diamond Engagement Rings. All Rights Reserved.